私のブログ

soblog

留学

留学に目的はないとだめ?経験者が語る大事なこと

投稿日:




漠然と留学したいと思っているんだけど、
それじゃ足りないかな。
日本から外に出てみたい、
とにかく出たい、それだけだけど、それだと失敗するのかな?




今回はそんな悩みを、留学経験のある私の視点で回答したいと思います。



留学に目的って必要なの?




まず最初に【留学に目的が必要なのか】考えてみましょう。



目的がないとどうなる




  • GOALが見えてないので行動が取りにくい

  • ある種、無駄な時間を過ごしたような気持ちになる

  • 帰りたくなる



ざっとですが、3つ考えてみました。



英語の勉強をしたい、外国の文化を学びたい、外国人とキスをしたい。



目的はなんでも良いです。



おそらく、そこがハッキリしていると【やるべきこと】も見えてきます。



やるべきことが見えてくれば、留学期間と照らし合わせて、達成可能な行動をピックアップして、どのような順番で何を選択すれば自分にとって最善となるのかも、じっくり考えれば分かってくるでしょう。



目的があると、出国前の準備も具体的になる=出国後の行動が明確で速やかになる



まず一つはコレですね。



次は、まぁ、一つ目と似てますが、ただ行っても、何をやったら良いかわからないので、必然的に、一見無駄な時間を過ごしているような気持ちになるはずです。



そして最後は「帰りたい」です。



目的がある=意志の強さの表れですから、目的意識が強ければ強いほど、中途半端なところで「帰ろう」なんて発想にはなりません。



まぁ、別に行って帰りたくなって帰っても良いのですが、それでは時間と金の無駄でしかありませんよね。



目的があるとどうなる




では逆に【目的がある】とどうなるのか。



  • GOALが見えてないので行動が取りにくい

  • ある種、無駄な時間を過ごしたような気持ちになる

  • 帰りたくなる



簡単に言えば、3つあげたやつが裏返るだけですね。



  • GOALが見えているので行動が取りやすい

  • ある種、無駄な時間を過ごしたような気持ちにならない

  • 帰りたくならない



やるべきことがハッキリしているので、そこに向かってチャレンジをするだけ。



精一杯チャレンジをしている自分に対して、「無駄な時間を過ごしているな」とは多分思わないでしょう。



あまり熱が入り込んでしまうと、見当外れのチャレンジをしている自分に気づかず、結果的に無駄をしてた・・・なんてこともあるとは思いますが・・・。



そして、中途半端に帰国を想ったりもしないはずです。



・・・・・と、ここまでは私の表面的な見解です。



私の本心ではありません。



というのも、人間ってのはいろんなやつがいて、先のGOALをしっかり見据えて、段階的に考察して行動を起こせるやつばかりじゃない。



いろんな人間が、その人なりの考えをもって行動するからこそ、面白い世の中になると思っています。



目的が明確にない、じゃあ、留学を辞めとこうと思ってしまうのはつまらない。



少しでも「行きたい」という気持ちがあるのなら、その気持ちが冷めないうちに行っちまうのも手だと思います。



留学期間中には、具体的な成果を得られなかった。



何のために行ったんだか・・・トホホみたいなことになるかもしれませんが、【今までと全く異なる経験を得た】事実には変わりありません。



人生って、そういう経験の積み重ねで、体験中には気づかなかったけど、【後になって振り返ると役立ってたかも】なんてことは、いっぱいあります。



体験中になぜ、気づかないかって言えば簡単で、成長過程だからです。



レベルアップしてはじめて【認識できる】ことに、その過程で気づくわきゃありません。


大事なことは自分の気持ちに正直になること




私の中では、目的があるかどうかよりも、自分が本当に行きたいかどうか。



その気持ちの強さのほうが、3倍は重要な気がします。



目的なんかねーよ、でも、行きたい。



その気持ちが中途半端でないのなら、感情にまかせて行動しましょう。



そういう直感を大切にしないと、【思いもよらない発見】とか【予想外の進歩】みたいなことを見逃しちゃいますよ。



それから、自分で決断したほうが良いですね。



最終的に誰かに背中を押されてとか、あの人の言葉を信じてとか、あんまりおすすめできません。



冷静に、自分で次の行動を選択する。



そうすればもう、言い訳はできません。



どんな結果になっても、責任は自分にあります。



私は中1で留学しましたが、目的は、明確だったのかなぁ・・・?



とにかく日本を離れたい、日本の学校から逃げたい、その気持ちでいっぱいでした。



息苦しくて、死にそうになっていた気持ちは今でも忘れられません。



だから、留学先で何がしたいみたいな明確なゴール設定などありませんでした。



それでも、イギリスに留学した3年間の経験は、私の人格形成に大きな影響を与えてくれたし、私は行って良かったと思っています。



もともと、楽観的な性格なのかもしれませんが、今まで人から見れば「失敗」を連続しているような人生ですが、私自身は、何も思ってないんですよね。



むしろ、良い経験ができて【前にすすめている】と本気で思っています。



多分それって、他人に言われて行動していなくて、全部自分で選択しているからだと思います。



流石に、お前これやれと、無理やり選択肢を与えられてやって、失敗していたら、なんだったんだよあの時間・・・と後悔の念が渦巻いていたことでしょう。



この経験も踏まえて、ぜひとも、自分で決定したほうが良いと思います。



ノーリスク・ハイリターンなんてない




私の記事にたどり着いたあなたは、Google検索をしたわけです。



てことはおそらく、根っこにある感情は、失敗のない行動を取ろうとする欲求かと推測します。



しかし残念なことながら、考えられるあらゆるリスクを全部なんとかして、未来への行動を取ることは不可能です。



だって、基本なにが起きるか分かんないから。



最近見たニュースで、愛犬が、赤ちゃんの睾丸を噛んで傷つけたなんて、痛ましいニュースがありましたが、そんなことをなかなか想定して行動はできません。



そういった予想を超える、偶然性の高いリスクもあるでしょうし、



そもそも、失敗をしない=無駄



なんですよね、私の中で。



失敗が大きければ大きいほど、当然のように人は「やばっ!」と思いますよね。



どうしようどうしよう、どうしたらいいんだ



この心理状態になったときは、心もパンパンになっていますが、脳もフル稼働で、全力で解決に向かって思考をしています。



つまり、ふわっとした日常では考えられない、進歩への一手をあなたの脳が、全力を解放して導き出そうとしている・・・と私はイメージします。



基本的には、そういったことの繰り返しでしか、人は強くなれないし、成長もできないでしょう。



だから、万事準備OKで、でっかい失敗が起こり得ない状況にある程度限定して、留学に臨むよりかは、バンと飛び込んだほうが「得るものは大きい」と思います。



もちろん、生死に関わるようなリスクは絶対的に回避するべきですが、失敗をしないとか、失敗を恐れる必要性はまるでないと言いたいわけです。



理由は、



失敗こそが人間を成長に導く餌であり、留学をしようって人はどんな方向性であれ、今までとは異なる自分、成長を期待していると思うからです。



ノーリスク・ハイリターンなんてあり得ませんので、その気持ちで留学体験を得ていただくと良いと思います。


-留学

Copyright© soblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.