留学

留学のプレゼントで男が貰って嬉しいものとは?基本的な発想を考察

投稿日:



留学する友人(男)がいるんだけど、どんなプレゼントをしたら、喜ばれるのかな。

留学したことないから、留学した人の気持ちがよく分かりません!




今回は、そんな悩みを解決します。



私は、1996年から1999年くらいまでの間、イギリスに留学していました。


今から20年くらい前ですね。



だから、現在とは生活環境もだいぶ違っていますが、



【プレゼントで何が嬉しいか】その根っこの部分は、今も変わらないと思いますので、参考にしてみてください。

留学のプレゼントもいつも通りに考えれば良い



  • 相手の気持ちを想像する

  • 相手の気持ちに適したプレゼントを考える

  • 相手の気持ちを考えてプレゼントを渡す


プレゼントの基本はコレですよね。



だから、相手の気持ちを置き去りにしちゃうと、そのプレゼントは失敗に終わる可能性が高くなります。


例えば、


「自分が貰ったら嬉しいから、これをあげよう」とか。



「こんなプレゼントをしちゃう自分カッコイイからあげっぺ」とか。



「好きかどうか分からんけど、まぁ、定番だからこれで良しだろう」とか。


私だったら、こんないい加減なプレゼントは要らないです。


【留学する】は、ほとんどの日本人にとって、非日常的な出来事なので、何か特別な用意が必要・・・


と考えているかもしれませんが、そんなことはありません。



上記の通り、相手のことを考えてプレゼントを選べば良いだけです。


留学する相手のことを考えればそれがプレゼント



もっと言えば、実際にはど〜しょうもない内容のプレゼントを渡されたとしても、相手が何を考えてそれを選んだのかが伝われば、貰った側としては嬉しいのです。



  • 留学先の国について調べて、その国に関連するものをあげる


  • 留学先の国では、入手が難しそうな日本のアイテムをあげる


  • 相手のことを考えて、あまりかさばらないものに限定して、プレゼントをあげる


  • 日常会話の中から、相手の好みをさり気なく聞いて、それをプレゼントにする


留学プレゼントについてググってみる



検索結果にて、どんな内容が書かれてあるのか調査して見ました。



色々なプレゼント案が記載されており、なかなか参考になりそうに見えますね。



ただ、数が多いので人によっては、迷いが生じるケースもあるかと思います。


検索結果を鵜呑みにしない



もし、迷ってしまう場合は、一旦、Googleに頼ることを放棄しましょう。


結局、検索結果に表示されてある情報ってのは、ある程度のボリュームがなければ上位表示されないような仕様となっていますので、もっとシンプルに自分の頭で考えたほうが、解決が早いです。



step
1
プレゼントを渡す相手のことを考える


step
2
プレゼントを選ぶ


step
3
プレゼントを渡す




検索結果に表示されてある記事は、当然のことながら、あなたがプレゼントを渡す相手のことを知りません。


知っていたら超能力者ですので、逆に信頼できますが、基本知りません。



だから、記事よりも実はあなたのほうが、何をプレゼントしたら良いかは潜在的にわかっているはずです。


Google検索するのではなく、あなたの脳みそと心の中に検索をかけてください。


それか、相手に対して検索をかけてみましょう。


私が実際に受け取って嬉しかったもの



  • 好きなアーティストのCD


  • しょうもない内容の手紙


私が子供の頃は、音楽はCDで聴くものでした。



洋楽・邦楽問わず、色々な音楽を聴いている中で、STINGのアルバムを選別にプレゼントされた時は、とても嬉しい気持ちがしたものです。



というのも、仲間の間では、大体話しを合わせて流行っているJPOPの話題にしか参加せず、「STINGを好きで聴いてる」という情報は発信していなかったからです。


どこから知った情報なのか分かりませんが、上で書いたように、こちらのことをちゃんと知ってくれている・・・



この事実がSTINGのアルバム以上に嬉しかったものです。


次は「しょうもない内容の手紙」です。



内容は他愛もないものです。



というか、ふざけた内容でした。



私はイギリスに留学するわけですが、手紙の中では、



「宇宙に行っても僕のことは忘れないでください」


と書かれており、無重力空間でも困らないために、ウィダーインゼリーみたいな飲み物もプレゼントされました。


完全にふざけているわけですが、私は嬉しかったです。



なぜなら、私はふざけることが大好きだからです。



そのプレゼントを渡してくれた相手とは、同じクラスで、いつもしょうもないことを言い合っていました。



"しょうもない内容の手紙"も根本は、相手である私のことを考えた選択になっていますよね。


ものを渡すならしっかりした本人調査が必須



相手のことを調査するまでもなく、知り尽くしているのなら問題ありませんが、ちょっとまだよく知らない。



そんな時は、ググるのではなく、本人調査が必須となるでしょう。



何が好きなのか。



どんな性格をしているのか。



調査した結果、まだ十分に情報が得られない場合は、本人と親しい人間にまでアプローチをして、正確な情報を入手する必要があるかと思います。
  • この記事を書いた人

so

-留学

Copyright© ひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.