私のブログ

soblog

未分類

ムカつく女とどうやって出会うことなく生きるかについて

投稿日:

風俗に行ってきた。



なんだかストレスの溜まる時間だった。



それなりに金を払ったのだから、楽しい時間を得られると期待していた分、がっくりである。



表情がほんわりしていない。

言葉が鋭い。

話が合わない。



何が問題だったかを簡単にまとめると以上となる。



表情がほんわりしていない女は怖い。



厳密には二つの意味で怖い。



一つは、何か地雷を踏んで機嫌を損ねる感じで来られるのが怖い。



もう一つは、なんだかんだで私は負けん気が強いので、相手に対して本格的に怒りださないかが怖い。



後者に関しては、滅多な事では発生しないのだが、表情が強張っている女と相対していると、発生する確率は高くなる。



言葉は、ボールに例えることができる。



同じボールでも投げ方一つで、投げられた相手の感じ方は変化する。



ふんわり優しく投げられれば、安心してキャッチできるが、いきなりの豪速球が放り込まれたら怖くてかなわんのだ。



言葉が鋭い、優しくない、相手を思いやるような言葉選び、投げ方になっちゃいない。



そういう相手でも、それなりの優しさをもってというか、いつも通りに振る舞える男がダンディなのかもだが、私はそう出来てない。



相手がそういうボールを投げると分かると、自分もそれなりのボールを投げるようになる。



結果、キャッチボールではなく、ドッヂボールの様になっていく。



もしかしたら、このお互いのボールの投げ方も影響を与えているかもだが、話が合わなかった。



相手の話している情報を知っている知らないの次元ではなく、普通のことも今ひとつ、お互いに理解できず、苦痛なトークとなった。



でだ。



ここからが本題だ。



風俗嬢であれば、気に入らなければ二度と行かなければそれで済む、終わりだ。



しかし今後の人生において、気に入らない女と全く出会うことなく暮らせるかどうかは疑問である。



だからこの場で、どうするか自問自答すべく、書き出している。



まず一つは、自分を変えることだろう。



自分を成長させて、「ムカつかない」の範囲を広げれば、必然的にムカつく女と出会う確率は減る。



20代前半の頃は、色々な物事にキレていた。怒りを抱いていたが、今はそうでもない。



心や体や脳みそが変化して、沸点が明らかに低くなった。



こういった好影響をもたらす身体的トレーニングを継続して行うことで、ムカつく女をそうでもない女に変えることは可能だ。



次は、、、ってか次も似たようなもんだが、圧倒的な存在になれば良い。



まずは億万長者。それから色々なビジネスを展開させる。影響力や知名度もグイグイ上げていく。



そうすると何が起こるか。



よりレベルの高い、戦闘力の強い人種との接点が生まれていくだろう。



そうすれば、考え方に変革が起こり、もしかしたら風俗で感じてストレスなど、瑣末な問題だ・・・と余裕を持って行動が取れるようになるかもしれない。



いずれにせよ、今の自分の現状を変化させずに、良い状況だけを享受しようとしても不可能だ。



今は月収数百万程度だが、これが数千万を超えたら、おそらく色々な物事に変化が生じてくる。



自分の行動も変わるから、経験値も今までに無いものになるし、表情を固めていなければ生きてられないような女とか、言葉を豪速球でしか投げられない女とか、相手への寛容性に一切欠ける鬱陶しい女、いずれのレベルの低い女と、そもそも接点のないフィールドで生きられるようになるかもしれない。



自分の肉体、心、脳、そして年収を変化させる。



ここにメスを入れずして、鬱陶しいクソ女との絡みを回避するなんて、引き篭もる以外ない。

-未分類

Copyright© soblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.