私のブログ

soblog

心と体の問題

モチベーションアップする最強の方法をみつけた

投稿日:

モチベーションが上がりません。

どうしたら良いのでしょうか?

教えていただくことは可能でしょうか?

OH~GOD!!! Help me!!!!!




今回はこんな内容について、書いていくことにします。



若い頃は好きだった、パフェが・・・30代後半になった今では大して欲しくなくなりました。



代わりに、昔は大して好まなかった漬物が好きになったりと・・・味覚は変化します。



何がモチベーションに効くかどうかも、似たようなもんだと思っています。



ガキから長老までを通じて、一貫して同じ方法が効き続けることはないのかもしれません。



以下で紹介する方法は、36歳の2018年の私が感じている現時点で最強のモチベーションアップ法です。



ここを訪れた全ての人間に効くとは限りませんが、試してみると良いかとおもいます。



モチベーションをアップする最強の方法




女を意識する



簡単に言うと以上です。



私の場合、それがあるとなしとでは、モチベーションにおいて天と地ほどの差が出ます。



もう少し説明します。



例えば私が、短距離走の選手だとしましょう。



100メートル11秒台の選手で、なんとか練習して10秒台で走ることを目標に取り組みを続けている・・・と仮定します。



この際、


・10秒台を叩き出している自分

・10秒台を叩き出して一緒に喜んでくれている女



を比較した場合、



下の感じで取り組んだほうが、圧倒的に力が出やすいし、モチベーションがアップしやすいということです。



HUNTERXHUNTERに、ウヴォーギンという力自慢のキャラクターが存在します。



彼は幻影旅団という盗賊の戦闘員の一人で、そんなウヴォーギンの仲間からの評価は以下の通りです。



「ウボォーはノブナガと組んで大勢相手に戦うときが一番強い」



これはつまり、自分ひとりで戦うときよりも、劣勢な状況下で誰かを守るなり、意識した中で戦っている時のほうが、己のポテンシャルが出やすいって話です。



こんな場面を思い出した私は、「女」じゃなくとも、同じようにモチベーションが上がるのかな??



との疑問が浮かびました。



疑問は浮かんだら即座に検証するのが私の生き方です。



・家族

・友人

・仲間(ビジネスパートナー)



そこで上記3種で、意識を変えて、モチベーションにどれほど作用するのか検証を重ねてみました。



家族




まず家族ですが、効果はありませんでした。



というのも、私にとって家族の為に何かをするっていうのは、わざわざ意識するものでもなく"当たり前"だったからです。



やらなければいけないこと、背いたら罰が当たるくらいの恩義を家族に対して感じているので、だから、これを意識したからと言ってモチベーションに変化はありませんでした。



友人




あまり数多くの友人がいるわけではありませんが、私が親しくさせていただいている数名を想像してみました。



女で体感したほどの盛り上がりはありませんが、中々の感情の高まりはあり、モチベーションアップに効果はありそうです。



なので、特定の女性が見つかっていない時点においては、友人に喜んでもらおうとか、友人と一緒にもっと楽しいことができるようにするために取り組もう的な意識でやってみると、自分一人で戦うより高いモチベーションで前に進めるかとおもいます。



仲間(ビジネスパートナー)




こちらも、家族のときと同様に感情の変化は認められませんでした。



おそらく理由も一緒で、仲間に利を反映させることは意識する必要もなく、当たり前だからかと思います。



女を意識してモチベーションを引き上げる具体的な方法




好みだなーと思える女性を見つける

好みだなーと思える女性と会話をする

頭の中で臨場感を持って女性を想像できるだけの情報量が揃ったら、ゴールと合わせて何度も妄想する



やり方は以上です。



好みだなーと思える女性を見つける




何事もそうですが、「みつからねーよ」とか言ってる場合じゃないです。



自分の発言、声に出さなくても感情で思っても、その"言葉"は、脳への検索ワードだと思ってください。



自分の脳みそがGoogleの検索エンジンで、自分の言葉が検索ワードです。



「好みの女性なんかみつからねーよ」



で実際にGoogle検索しても、好みの女性を見つける/見つかるための情報なんてほぼ出てきません。



だから、そんな言葉ではなく・・・



「好みの女性をどうやったら見つけられるかな?」

「どうやったら簡単に好みの女性が見つかるかな」

「好みの女性とどんどん会える取り組みは?」



こんな感じで自分がほしい情報に向けた"言葉"を意識的に用いたほうが良いです。



Google検索エンジンと異なり、脳の検索エンジンは視覚的に検索結果をくれません。



しかし脳みそは確実に、その答えに向けて超フルパワーで回答を探し出し、あなたの潜在意識下でその答えをしっかりと用意してくれています。



そしてあなたの気づかないところでの「閃き」とか「直感」「思いつき」に変化をもたらし、結果的にあなたが欲していた情報の答えを体現させてくれるのです。



正直私は、脳がどういう仕組でそんな風に働いているかとかは知りません。



しかし、んなことより重要なことは、潜在意識の活用を学び、そうやって取り組んだら実際に結果が変わったという実感です。



Google検索にしたって、ほとんどの人間はどんな原理で検索結果が抽出されているのか知らないはずです。



ほしい情報を抽出する言葉を入れれば、回答を得られる流れを知っているだけです。



脳はそんな検索エンジンを遥かに凌駕するほどパワフルに作動する"らしい"ので、ネガティブなワードではなく、ほしい情報を抽出できる言葉を意識的に用いて脳に語りかけるべきだとはおもいます。



・・・とまぁ、そんな感じでやっていると



結婚相談所でお話した女性

フットサルコートでお話した女性

風俗で知り合った女性



なんか良いな〜と思える女性が見つかるチャンスが、私にも巡ってきます。



イメージトレーニングの活用




結婚相談所に行くときも、フットサルコートに行くときも、風俗に行くときも、私は脳検索をしたりイメトレをします。



この一手間によって、全く同じ体験でも、自分にとってプラスになる発見とか気づきとか、良い状態が自然と引き寄せられるからです。



結構ありがちなのが、「不安」の想像ですよね。



結婚相談所に行くのは初体験でした。



人は初めての体験に対して大なり小なり不安感を覚えるものです。



そして私は人並み外れて想像力が豊かなもので、若い頃は色々なパターンの不安をいくつも想像して、おおおおやべ〜〜〜と震えたものです。



その想像がリアリティありすぎて、だったら・・・やめとくかと、途中まで行って引き返すようなことも、何度もしてきました。



そうではなく、自分にとって都合の良いシナリオをどんどん空想する。



当然、これから会う人は自分にとって良い人で、フィーリングが合い、楽しい時間が過ごせると想像する。



帰り道の気持ちを想像して、あぁ、行ってよかったな的な満足感に浸っている感じをリアリティを持って想像する。



風俗嬢を選ぶときも一緒です。



バストサイズがどうとかウェストの数値がどうとか、瑣末な設定などを見て選択してしまうのはあまりに勿体ないです。



そうではなく・・・



自分にとってフィーリングが合う子はどれかなー

風俗嬢と客の関係性を超えて、付き合うまで行かなくても友達になれるような相手はどれかなー



みたいな感じで脳検索をして、イメージをしてあとは直感で選択する。



・・・と大体、うまくいきます。



ここでヒントをひとつ。



ネガティブを否定するような形で、検索やイメトレはしないことです。



「自分にとってフィーリングが合わない子は選択しないように」

「ネガティブな発言をしない子と会えるように」



これは、潜在意識の活用的には悪手です。



"フィーリングが合わない子"を明確に意識してから打ち消しているので、スパーンと目的に向かった意識とかイメージに成りにくい故に、悪手ってことです。



"ネガティブな発言をしない子"も一緒で、ネガティブな発言をする子を明確に意識しているのでNGです。



そうではなく、フィーリングの合う子と一緒に楽しんでいる様子を想像する。



フィーリングの合う子だけを検索する。



ポジティブな発言をする子と一緒に楽しんで得られる幸福感を臨場感を持ってイメージする。



ポジティブな発言をする子だけを検索する。



好みだなーと思える女性と会話をする




出会えたら会話をして、相互理解を高めましょう。



出会えたからって、じーっと突っ立っているだけでは、仲良くなれません。



頭の中で臨場感を持って女性を想像できるだけの情報量が揃ったら、ゴールと合わせて何度も妄想する




やったことありませんが、1秒も接してない女性を"臨場感"を持って想像するのは大変です。



しかし、数時間でも会話をして話した女性であれば、想像を広げられるものですので、自分にとって都合の良い妄想をどんどん繰り広げていきます。



妄想を制限する法律はありませんので、そこは自由です。



目的はまぁ、二つ。



ひとつは、この記事のテーマであります自分のモチベーションを超強力に引っ張り上げることです。



このゴールが決まればあの子はきっと喜んでくれるだろう。

このゴールが決めてあの子といろんなところに行こう。



こんな妄想を出発地点に、どんどんと深く具体的にイメージ遊びをしていると、いつの間にかやる気ビンビンの自分に気づくはずです。



そしてもう一つの目的は、その自分にとって都合の良い妄想を現実化することです。



必ず妄想通りに叶うとは言い難いですが、顕在意識レベルで否定してしまっては、叶うものも叶いませんので、既に実現していると錯覚するようなレベルで思う存分妄想しちまったほうが得です。



自分なりの方法を探すのも面白い




長くなりましたが、私の場合は上記の方法が非常に合っており、実際に良い感じで前に進んでいます。



これを読んでいるあなたが女性なら、好きな男性を意識に取り込んでみるのも良いでしょう。



あとは自分なりの方法を探してみるのも楽しいものです。



私は誰に習って上の方法を実践しているわけではありません。



根っこの知識は、色々な分野の先人からしっかりと学びを得ていますが、それを組み合わせたり自分なりの方法に「落とし込んだ」のは、他でもない私自身です。



大事なことは楽しいかどうかです。



私にとって、自分なりの方法を考えたり、発想する行為は非常に楽しいものだし、空想の世界に自身の意識を漂わせる行為も、とても刺激的で面白な行為です。



しかし人間は個体差があるので、楽しくない、辛いと感じるのであれば、他の方法を模索したほうが良い結果を得られることでしょう。

-心と体の問題

Copyright© soblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.