未分類

目標達成できない理由はかんたん

投稿日:

目標を設定して、
達成できないと気分が暗く落ち込みやる気を失う。



結論から言えば、
上記の考え方というか、
心の持ちようというか、
脳の捉え方が、


目標が達成できないループを生み出している。



例えば、
自分が設定したゴールに到達できなかったときに、
できなかったけど、ここまではできたな


と心の底から
幸福感が味わえていれば、
次に同じ設定で取り組みをすれば、達成できるだろう。



または、
設定が高すぎたので、少し低く設定してみよう
など、落ち込む前に微調整案について考えてみる。



そのような姿勢がなく、
できたできないの二択みたいな発想でいるから目標達成を実現する自分をクリエイトして勃起できないのだ。



現在の俺がおすすめする、目標設定のコツは、
バシッと一個、高いゴール設定をし、



そこに向かうまでの段階を何段階か用意して行う方法だ。



細かい一個一個の段は、
そこまで大変な設定ではないけれど、
積み上げて行くうちに、決めていた最終ゴールに到達するようなイメージだ。



これを行う利点は次の通り。



クリアを重ねて自信を高められる。
目標の微調整が習慣化される。



大きな目標一個と向き合うのは大変。
「大きい」ので当然だ。



また大きい故に、
だったら何を今すりゃいいんだよ状態にも陥りやすい。



で大体の人間は次に
単純に目標の規模感を縮小して、わかりやすい、
今の自分に手の届く範囲の目標にしてしまいがちだ。



それだとつまらないし、
目標を立てる意味がない。



でかい目標を立ててそれを分けるとうまくいく。



一個、小目標を達成した際、
次のステップを意識するわけだが、



最初に用意していたステップでは、
なんだかしっくりこないときも出てくる。



その理由としては、
最初に設定したステップ時点とは異なる自分に変身したからだ。



再度、クリアした小ステップを繰り返してから先に行きたいとか、
もっと高い小ステップをクリアしようなどの、心境の変化があるときもある。



そうしたときに都度、
目標の微調整を行う。
一度決めたことを途中で曲げるのはとか、どうでも良い。



人間の世界では、一度決めたら貫く美徳というか先入観が根強いが、
目標達成の世界では、んなもんどうでも良い。



一度決めたら途中で曲げない


も目標達成の考え方と同じで、曲げたか曲げてないか、
だけで考えるからアホみたいな発想になる。



一度決めた事実をどこまでの熱量で
どこまでやったかが重要だ。


一度決めたは良いが、
ほとんど何もせずに曲げるようではどうしょうもないので
反省が必要だが、やれるだけやって曲げる行為は、
むしろ称賛しろ。
  • この記事を書いた人

so

-未分類

Copyright© ひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.