私のブログ

soblog

未分類

松本人志のワイドナショーのセクハラについて思うこと

投稿日:

松本「お得意の身体を使って・・・」



私はワイドナショーは毎週かかさず視聴しているので、もちろん、上の発言のシーンも見ました。



確かに松本の発言を聞いた瞬間、指原にしてみれば、相当失礼な発言が出たなと感じる一方、私は超面白いと感じた。



その理由は明確で、指原のリアクションが良すぎるからだ。




・聞いた瞬間の目の見開き

・松本を軽蔑するような雰囲気

・松本に対して引き倒すような発言




以上の点から、当事者ではない視聴者としては、なかなかのエンタメを享受できた・・・と私は思っちゃうのだが、どうやらそうではない属性もおるようだ。



・・・ってか、そうではない属性が皆無になったら、この世の中は逆につまらなくなるので、色々な考え方や感受性を持った人間がおって良いと思う。



だから私のように、誰が何を言って、そんなことを言ったら相手の心がどうたら云々、セクハラどうこうとかあんまり関係なく、その瞬間のリアクションとか、顔がどういう形状に変化したなどがすぐに気になり、おもしれえ・・・と感じちゃう人間がおることも認識しとけ。




反応速度について。



人間には足の速い遅いがあるし、咄嗟にパッと身体を動かす反応においても、速い遅いの個人差がある。



リアクションもまったく同じだと思う。



指原は速い。言われてピクッとするまでが鋭い。



最近、昔のヘイ・ヘイ・ヘイのトークを見てて鋭いと思ったのは、「UA」だった。



UAの場合は、平時のったりした流れからの、ピクッ だから緩急がきいているのかもしれないが。



もちろん松本人志も速い。30代の頃のヘイ・ヘイ・ヘイのトークは今見ても刺激的で、何がその刺激を産んでいるかっていえば、松本の超反応速度と想像性だと私は思う。



そういう人間を目の当たりにすると興奮するし、どうやって自分の反応速度をあげよっかなって気になってくる。



ま、こうすりゃ速くなんじゃね? みたいな理論はなんとなく自分の中に確立しつつあるので実践していく。



多分、こんなこと考えて実践しているやつはほとんどいないので、そういうことをいくつも取り組んでいりゃ、嫌でも何かで成功する。



あ、そうそう話を元に戻すが、今回の件は、浜田がおったらどうなってたろうとも想像する。



「やめとけ」的な
「そんなこと言うたんなや」的な突っ込みを浜田が入れてフォローする。



ダウンタウンは今も昔もその構図で辛うじて成立しているコンビではなかったか?



だから松本のセクハラ発言なんて一切問題じゃなく、浜田がおらん状況で言ってしまったことがちょっと失敗だっただけじゃないのかね。



そもそも90年代からずっとダウンタウンを見てきている私にとって、こんな程度の発言、何のことでもないと思うけどね。



身体を使っている嘘っぱちの根拠をさも、真実かのように語り、指原に対して本格的にそのようなイメージを形にしようとしだしたら、流石にまずいけど、えっと、ただのジョークじゃん?



違うんすか?



脳科学者の先生が世間とのズレとかブログに書いてたけど、えっと、、、なんなのそれ?



時に世間を批判的に言ってみたり、時に世間に擦り寄った発言をしてみたり、なんか嫌いになってくるわこの人。



そもそも世間の大半の属性は、面白さや感受性において凡庸なのだから、そんなところに合ってるか合ってないかとかは、どーでもいいんだよ。

-未分類

Copyright© soblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.