未分類

コービーブライアントのヘリコプター事故の件で俺がおもうこと

投稿日:

偉大なバスケットボールプレイヤーが死んだ。



俺はさほどバスケを知らんので、俺にとっては、メッシとかイブラヒモビッチが唐突に死ぬくらいの衝撃なのだろうか。



ネットの反応などを見ていると、人に愛されるキャラクターだったようで、ファンの衝撃はかなり大きいように感じる。



そんな中、俺がまっさきに思ったのは、いちばん可愛そうなのって彼じゃないよな。と。



彼の娘を含めて、13歳くらいの子供も搭乗していたようだ。こっちのほうが俺にはショックだった。



偉大な選手への思い入れはわかる。



でも一方で、もう良いじゃん、と思う自分にいるんだ。



レジェントと崇められるほどの実績を残した、莫大な富を残した、世界中に自分の死を悲しんでくれるファンがいる。不運だったけれども充分だ。



一方の子供は?



レジェンドの娘、もしくは半径数キロしか知られてないただの子供。



これからの成長、可能性、希望ある未来が一瞬にして無くなった。



まぁ、人生なんて冷酷なもんで、こんな悲劇はこの件に限らず、世界中で毎日起こってるだろうけど、俺はそっちが悲しくなった。



ヘリコプターって本当に安全なのか?



万が一の場合でも死を回避できる仕組みは作れないのか?



一流のスポーツ選手の身体能力を持ってしても、最後の最後、死を回避できないってことは、生身の人間ではほとんどノーチャンスなんだろう。



どんな形であれ、人の死はかなしい。



なぜならそれで終わりだからだ。



これが未来、再生可能になったらどんな世の中になるんだろう。



クローン技術みたいなもので、無くなった人間を正確に再現する。



ドラゴンボールの世界だが、生き返りが可能になったら今の常識は一変する。



で、生き返りの権利をかけて争ったりするんだろう。



それは置いといて、月並みな表現だけど、人はいつ死ぬかわからんもんだなぁ



こういう事故を目の当たりにすると、毎日できることをやって、自分が達成したいゴールを一刻も早く達成させていかないとやべえなと感じる。
  • この記事を書いた人

so

-未分類

Copyright© ひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.