未分類

鼻うがいで耳の音が響く状態を治そうと思ってる

投稿日:

こんばんはワシだ。



相変わらず、聴覚過敏に悩まされている。



耳そのものには、明確な以上が認められないので、鼻呼吸の改善をといろいろと調べ、取り組んでいる。



最近購入した舌トレの本の中に、鼻うがいについての記述もあり、実践することにした。



俺の鼻うがいのイメージはネガティブで、その理由としては、やり方を正しくやらないと「逆効果」なんて話があるからだった。



でも、俺が読んでる本に書かれてある方法は、そういった調整や意識をしなくてもできそうなものだったので、前向きに準備に取り掛かっている。



食塩を用意し、スポイトで吸い、60度だか上をむいて、鼻から垂らす。
飲み込んでも良い。特に注意点も書かれていない。



コップに食塩水を作って、そこから吸い込むやり方だと、たしかにやり方次第では失敗する感覚があった。正しくできているのか、吸引のちから加減はどのくらいなのか、今ひとつ判然としない印象があって、継続できなかった。



市販のものを購入して試しても、上の印象に変化はなかったわけで・・・スポイトで垂らすだけ・・・いいじゃん!



音が響くってのは、嫌なものだ。



もう3年くらい悩まされ続けている。



人が密集して、それなりのボリュームで話されると、もうわけがわからない。



音がうるさすぎて、何も聞こえないに等しい状態になる。



また、周囲の音だけじゃなく、自分の声も基本的に響いて聞こえるので、コントロールに違和感が出てしまう。



周囲の音に負けないように自分の音量も上げると、更に音が響いてもう終わりだw



耳自体に異常が見られないのなら、今困っている他の問題点、鼻通りが悪い状況の改善に取り組むしかない。



肩周り含めて、全身の調整というか、筋力をほぐす体操はもう10年以上前から継続しているので続けていくが、鼻呼吸に関しては、しっかりと取り組めていなかった。



取り組めていない理由としては、しっかりやればやるほど、話すときに、声のコントロールが変になるからだった。



喉が詰まったような痰がからむように・・・うまく話せなくなる。



鼻通りが基本的に悪い状態で、頑張って呼吸法をするから、不必要な力みが生じるのか、痰が落ちるからか・・・いずれにせよ、うまくいかんかった。



実際昨日も、呼吸法に取り組んで、夜ご飯で話した際には、声のコントロールが妙な感じになった。



だから呼吸法は、その後、話す予定のない寝る前にやる。



と同時に、舌トレや鼻うがいや、口テープなどをして、鼻呼吸が基本的にしやすい環境を作った上で、呼吸法に取り組むよう、調整をしていく。
  • この記事を書いた人

so

-未分類

Copyright© ひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.