未分類

渡部の不倫相手のAV女優は誰?てかバッシングしてる場合じゃないよ

投稿日:

片桐えりりか

有沢美紗

神宮寺ナオ


候補としてネット上で言われているのは三名です。


あくまでネット情報なので、
信憑性は知りません。


私の直感ですが、神宮寺ナオは違うのではないかと思っています。



最初の二名と雰囲気が異なります。



ざっくりとした分類ですが、
下品か下品じゃないかで言うと、
上2名は下品です。



渡部が既婚である事実は、
日本で生活し、芸能的な仕事をしている人間であれば、
知っているはず。



にもかかわらず、
遊ぶ。


断れない、乗り気いずれにせよ、
下品な女だと感じます。

———————————————————

さてここからは私の考察です。



不倫した、悪い奴。
この考え、この風潮、もう飽きました。



私は生きてて1秒足りとも他人の不倫に心が動いたこともないし、
悪いとも思いません。



中身が重要です、何事も。



妻の前で、お前だけを愛してると、
心の底から言った翌日にAV女優とパコってたら悪です。



理由は嘘つきだからです。
嘘に罪悪感がないからです。



約束や発言からの強制力というか、
ブレなさ加減は、個人差ありますが、
相対的に時間経過とともに薄れる傾向があります。



だから結婚後10年後の不倫と、
結婚後1年での不倫では、不倫は不倫でも別枠のカテゴリーで
語られるべき問題なんだが、総じて不倫は悪、
みたいなざっくりスタイル批判に終始してやがるのでゲロが出そうです。



ゲロが出るくらいなら、
ブログの題材に書かなきゃよかったのですが、
以下にちょっくら書きたいことがあったので、ゲロを吐きつつ先に進みます。



佐々木希でも不倫される



俺の中では、日本人の中で最上位レベルの美貌を持っています。



裸は観たことないので知りません、具も知りません。



男が女に魅力を感じる箇所は、外見以外にも匂いや仕草や雰囲気など色々なので、佐々木希の欲望を掻き立てるレベルがどの程度なのかはわかりませんが、



顔面だけなら相当だなと思っているのです。



にも関わらず、他のメスを欲するという事実からは、



・どんなメスも結局飽きる


・顔の良し悪しは絶対ではない



この結論が浮かびました。



飽きる、慣れる、刺激が欲しくなる。



この感情は果たして悪なのでしょうか。



私には自然に思えます。



野郎は海で乳を晒しますが、
女は乳を隠しますよね。



女は女性専用車両が提示されるが、
野郎専用車両、大衆きつめ親父車両はいつまで経っても用意されません。




社会的には男女の差は、縮まってきているのでしょうが、
存在としての違いは、明らかです。



だから、他の存在を欲する欲、
刺激を求める潜在的欲求も、男女全く同等とは言えないはずです。



私はオスなので、
オスの視点でみれば、他のメスに欲情する、
刺激を常に欲する姿は、自然です、普通です、ありのままです、それ自体は悪ではありません。



悪なのは、俺はそれをしないと言いつつ、する姿勢です。



このような事実を踏まえれば、
結婚しようが何をしようが、安易に約束なんかできないし、



女側も安易に男の一途な話を信用できないはずです。



俺には理解不能ですが、
一生、同じ人間と共に生きるみたいな姿が幸せの頂点的価値観の人たちもいるんでしょう?



結婚してる人たちは、
ちゃんとその価値観の一致、深い共感性を感じて一緒になってるんでしょうか?



いっときの感情、燃え上がりにゆだねて結婚しているとしたら、
愚かとしか言いようがない。



俺は早く、
野郎の性がもっと自由になってほしいと思ってる。



一人の女性を愛すとかうるせえよと、
女側もその野郎の基本原理を理解し、当たり前として受け入れる体勢を取りやがれと心底思ってる。



第一母親、第二母親がいる大家族、
第二父親がいたり、そういういろんな血筋が混じり合った家族があっても良いだろう。



学校教育と一緒で、
一人の担任だけだから、
そいつが無能な瞬間、そいつとの相性が最悪な瞬間、



その生徒にとっては地獄の体験が待ち受けている。



たまたま自分の母親が最悪な瞬間、
自分の家が最悪な環境の瞬間、その子は、



運良く、家庭以外で良い教育を受け、
自分で学び、自分を律して、挑戦する意欲を持たない限り、
人生はつむというか、つまらないまま終わっていく可能性にあふれている。



そうならないためにも、母親が多くいる、父親が多くいる、
家族が多くいれば、色々な価値観の中、自分の個性と向き合い、
自分にあったものを取り入れるスタイルができる。



少子化対策にもなる。いじめ問題の解消にもつながる。
さあ、不倫をバッシングしてる場合じゃない。











  • この記事を書いた人

so

-未分類

Copyright© ひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.